トリップメーター


前回の記事で、Arduinoを使ってラリーコンピュータを作ることを目標にしてしまったので、まずはラリーコンピュータを作るのに必要なものを考えてみよう。

ラリーコンピュータは、

  • 時計
  • トリップメーター
  • 主催者からの指示速度
  • スタート時刻

といった要素を元に、走行中の競技車両がその時点での正解時間に対してどれくらい早いのか遅いのかを計算してくれる装置です。

これらの要素の中で、

  • 時計
  • 主催者からの指示速度
  • スタート時刻

の3つはコンピュータ内部の処理だけで済みますが、トリップメーターだけは外部からの入力が必要になる面倒なヤツです。

通常ラリーコンピュータのトリップメーターは、車速パルスと呼ばれる車が速度(走行距離)に合わせて出してくれる信号を利用しており、車速パルスはカーナビも自車位置を測位する目的で使用しています。
なので、この車速パルスをArduinoに取り込んで距離を計算し、トリップメーターに利用したいと思います。

車速パルスについてはJIS規格があり『JIS D 5601 自動車用スピードメータ』に定義されています。
そう車速パルスは元々スピードメータに速度を表示するための信号なのです。
昔の機械式のメーターが大元になっていて、20年くらい前までの車ならトランスミッションからスピードメータにケーブルが繋がっていて、中のケーブルがグルグル回る速さでスピードメータが指す速度が決まるという仕組みでした。
このケーブルがグルグル回る速度が『637rpm』の時、車は『60km/h』で走っているものとするとJISで規定されています。
rpm は revolution per minute の事なので1分間当りの単位で、km/h は kilo metur per hour の事なので1時間当りの単位と時間軸が違うので統一して考えてみよう。
60km/h を 分速に直すと 60km/h ÷ 60分 = 1km/min となり1分間で1km進んでいると言う事になります。

637rpm = 1km/min というのがJISの規定なので、車が 1km 進む間にスピードメータケーブルは 637回転 すると解釈する事ができます。
と言う事は、スピードメータケーブルが 1回転 した時の走行距離は
1km ÷ 637回転 = 0.0015698587127159km = 1.569858712715856m
と言う事になります。

車速パルスはスピードメータケーブル1回転当り『2パルス』『4パルス』『8パルス』『16パルス』を発生させるものがあり、最近の車は概ね『4パルス』発生させるようです。
と言う事は、スピードメータケーブル1回転当り4パルスなので1パルス当りの走行距離は
1.569858712715856m ÷ 4パルス = 0.3924646781789639m/パルスと言う事になります。
1パルスで39.24cm、結構細かく距離が測られている事が分かりますね。

これらの事から、Arduinoで車速パルスをカウントし、カウントした数に『0.3924646781789639』を掛ければトリップメーターが作れると言う事が分かりました。

あとは、パルスの入力回路とか表示器をなんとかすればArduinoでトリップメーターが作れそう。

トヨタも撤退


トヨタが今年限りでF1から撤退というニュースが出てますね~
日本メーカーがいなくなるのは寂しい限りです。

でも、予てからF1を止めてWRCに復帰という噂もあったので、今後の動きに注目ですね。

モータースポーツシーズン開幕


いよいよ本格的なモータースポーツシーズンが開幕!

先週はSUPER GTが開幕しKONDO RACINGが国内戦初優勝を飾り、今週はF1の第一戦でブラウンGPが予選・決勝共に1-2フィニッシュを飾り劇的なデビュー戦となった。

F1は今年車体のレギュレーションが大きく変わり、昨年圧倒的な強さを見せていたフェラーリとマクラーレンがイマイチ精彩を欠く結果となったが、ある意味今後マシンの成熟が進んできた時の混戦・接戦が期待できるのかと楽しみになった感じがする。

ただ表彰式を見ていて感じたのは、もう少しホンダが頑張っていたら君が代が聞けたのではないかと思え残念でならなかった。
勿論勝負事にタラレバは何の意味も無いモノではあるけど、ブラウンGPのマシンは昨年ホンダが1シーズンを捨ててまで今年に向けて開発を進めてきたマシンであることは間違いのない事実なので、もう少しホンダが頑張っていたらと思えてきてならない。

しかし、今日はトヨタも3位に入り速さを見せていた。
レギュレーション違反と言うことで予選失格となりピットスタートとなったが、最後は表彰台まで漕ぎ着けたので、今シーズンはこれまで以上に期待できそうだ。

スーパーアグリ撤退


遂に撤退発表が出ましたね。

先日も新しいパートナーの話が出ていたのでチョットだけ期待してたんですが、存続に至らなかったようで残念です。

リヤハッチが開かない


AE101 カローラFXの決定的な欠陥はリヤハッチが開かないこと。

全く開かないわけでは無く、運転席の足元にあるレバーを引いても半ドア状態になるだけ。(そうなると鍵を使ってリヤハッチを直接開けるしかない...)
初めの頃は簡単に開いたけど時間が経つにつれて開きにくくなる。

原因としては

  • リヤハッチそのものが重い
  • ダンパーの取付位置が悪く、リヤハッチが低い位置では重さを支えていない

と言った所だろうか。

インターネットで調べていてもFXオーナーは皆さん苦労されているようで 、リヤハッチを開けるレバーを引いた際にリヤハッチを持ち上げている部分にワッシャーを挟んだりして高く持ち上がるようにするのがよく紹介されている。
私も、それに習ってワッシャーを2枚挟んで開きやすくしていたが、時間が経つにつれて効果が無くなってきた。
効果が無くなった原因としては、リヤハッチを持ち上げる部品のゴムブッシュが潰れてきた事が一番だろう。(初めの頃に比べるとかなり頭が潰れている)
ゴムブッシュ

しかし、このゴムブッシュの形状からして、これ以上ワッシャーを挟むと固定されなくなってしまいそうだ。(写真の返しになっている部分で引っ掛かっている)

対策を色々考えた結果、純正のゴムブッシュをやめてプラスチック製のねじを替わりに付けることにした。
金属製のねじでもよかったんだけど、ドア側の部品が樹脂で 覆われているので金属ねじだと削れてしまいそうだったのでプラスチック製のねじにすることにした。

ホームセンターに行くとプラスチック製のねじも結構種類があった。
ゴムブッシュの軸部分がΦ5mmだったのでM5×20mmのプラスチックなべ小ねじをチョイス。150円也。
六角ボルトでも良いかなって思ったけど、なべねじなら頭が丸いので擦れた時に角が無くスムーズに滑るかなって思ったので 方針を変更した。

で、実際に取り付けた結果が
プラねじに変更完了
といった感じ。
ねじに付属のプラスチックワッシャーを入れ、次に金属製のワッシャー。高さ調整と衝撃吸収用にゴムワッシャーを2枚を入れてリヤハッチを持ち上げる部品の穴に通し、下からは付属のプラスチックワッシャーを入れてナットで固定。
プラスチックなべ小ねじは一袋に2セット入っていたので、緩み止めとしてもう1セット用のナットも使ってダブルナットにして取付完了。

押し上げる高さが高くなったおかげで、運転席の足元にあるレバーを引くとちゃんとリヤハッチが持ち上がり開けることができた。

これでしばらくはリヤハッチが簡単に開くかな。

次のページ →