イニシエーション・ラブ


久々に書評っぽい事なんか書いてみたいと思います。

今回読んだのは乾くるみさんの『イニシエーション・ラブ』。
読んだきっかけは、ゴールデンウィークに「ビリギャル」の映画を観に行ったら「イニシエーション・ラブ」の予告編が流れていて何となく興味を持ったと言うモノ。
ネットで調べると本の紹介に『必ず二回読みたくなると絶賛された傑作ミステリー』なんて書いてあるから益々興味が湧いてきてしまい、会社帰りに買ってきてしまいました。

読み始めると何てことは無い青春ラブストーリー。
前半のside-Aは何がミステリーなのかサッパリ分からず過ぎていきます。
後半のside-Bに入っても単なるラブストーリーと言った展開だけど、所々で話の内容に違和感を感じ始めます。
徐々に疑念が湧いてくる感じがしながらもside-Bも終盤に差し掛かり、最後の数ページと言った所ではっきりと「あれ?話がおかしい」と感じます。
そして本の紹介に書かれている『最後から二行目で、本書は全く違った物語に変貌する』という言葉の通り、疑念が一気に晴れていきました。
そして、パラパラと前のページを捲っていくと自分が感じていた違和感の正体が一気に分かってきます。
「やられたぁ~」って感じでした。

そして、最初っからもう一度じっくり読んでしまいました。
2回目を読み進めていくと緻密に組み立てられたストーリーに関心してしまいます。
1回目には何も感じなかった何気ないセリフが、2回目にはとっても意味がある言葉となっていることに驚かされます。

 

で、今日は公開となった映画『イニシエーション・ラブ』を観てきました。
小説の方は文章だから読者を騙せたと言うのが正直な感想です。
映画にしたら成り立たない内容なので、どうやって映像として表現するのかとっても興味がありました。

映画の方も「お見事!」と言うような展開で、原作の良さを上手く生かしたとっても面白い映画に仕上がっていました。
原作には無い最後のオチも良く、「あれ?この後どうなるの」と先の展開に期待を抱かせて終わっていきました。

それと、物語の舞台は80年代。
映像に映っているモノや音楽はとても懐かしくて、純粋に当時の雰囲気を思い出して楽しめました。

ただ、映画のキャッチコピーにある「あなたはきっと2回観る」は、最後に種明かしがあるため無いですね。
1回で十分楽しめました。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。