EOS 5D MarkⅢとMarkⅣの高感度ノイズ比較


キヤノンフォトサークルの製品モニターに当選しEOS 5D MarkⅣを借りられたので、愛機のEOS 5D MarkⅢと高感度ノイズの比較をしてみました。

演奏会カメラマンとして暗い環境で撮影する事が多いのですが、MarkⅢだとISO 6400くらいが仕上がりとしては限界かなと思っているので、ISO 6400で比較してみました。

撮影条件は、三脚を置いて同じ位置から撮影。レンズは同じで、Avモードで絞りをF8で撮影、RAW形式で撮影しSILKYPIX Developer Studio Pro9で現像パラメーターを標準設定のまま現像しました。

結果としてかMarkⅣの方が高感度ノイズが目立つ印象ですね。イメージセンサーの解像度が上がって1画素の大きさが小さくなっているからしょうがないのかな。

この結果を見ると積極的にMarkⅣを買う事は無いかな。

アマゾンを騙った詐欺メール



最近やたらとアマゾンを騙った詐欺メールが届きます。
私はプライム会員じゃ無いのでプライムの更新がどうとか言われても騙されません。
で、いろいろ来る詐欺メールの一つがこちら

過去の色々な詐欺メール同様突っ込み所がいくつもあります。
まず会社名。「Amazon株式会社」を名乗っていますが通販大手として有名なアマゾンは「アマゾンジャパン合同会社」が正しい名称です。
メールの下の方に「Amazon Inc.」の表記もありますが「Amazon Services LLC」が米国の運営会社で、親会社は「Amazon.com, Inc.」が正式名称ですからメールに書かれている会社名は間違っています。
こんなのアマゾンのサイトを見ればすぐに判る事なのに何故適当な表記しかしないんでしょうね。
これは詐欺メールですって自ら主張しているようなモノです。
見た目やもっともらしい表記に腐心するくらいなら、会社名の表示にも気を使った方がいいと思うんだけど、なぜかこの手の詐欺メールを送ってくる輩は肝心要の部分をおざなりにしている。

そしてアクセス情報の場所が「山形縣」となっている。
この「縣」の字は現在日本では使わないので、まぁ多分中国人が書いたんだろうなと想像がつくし、そもそもこの漢字を日本語変換で出すのが大変なので日本人が絡んでいたら選ばないでしょう。

もう少し頑張ればぱっと見で真贋の判断がつきにくくなるんだけど、詐欺メールを送りつける輩にはあまり賢いヤツがいないんだろうな。

新たな詐欺メール登場



久々に新しい文面の詐欺メールが届きました。
しかも2通も!!

では1通目を見ていきましょう。

件名:【違法猥褻物送受信に依る告発通知】
送信者:性犯罪防止機構:使用者開示通知 <info@ri9ouirl30pqe.work>

当該情報
【xxxx@xxxxxx.xxx】
使用者殿

非営利活動法人
性犯罪防止機構SARC

告訴人:連名
特定違法案件監視窓口
被害者救済連盟弁護団
都道府県青少年保護育成条例委員会

当該利用情報にて登録、および送受信を許可していたインターネットサイトが違法わいせつ物(無修正映像・未成年ポルノ等)のアップロード、及び未成年者との猥褻なやり取りに関与した事により、その被害者及び保護者・関係者の働きかけから組織的処罰法違反、児童買春、児童ポルノ禁止法違反により警視庁並びに各都道府県警察合同捜査本部に摘発されました。

この度、未成年[高校生以下]含む被害者及び保護者の救済と、多発しているリベンジポルノ等のネット性犯罪被害者の更なる拡大を防止するため、サイト登録者に対しても事件根拠(サーバー情報、携帯端末情報、金融機関履歴等)を提出し告発する運びとなりました。

このような運びとなったのは、近年の法改正により、
『単純所持』による罰則が認められた為です。
(販売目的でなくとも、電子媒体[CD,DVD]、電磁記録(閲覧後自動保存されるインターネットキャッシュを含む)により違法わいせつ物を保持および閲覧したものは、1年以下の懲役または、100万円以下の罰金に処する。単純所持にはWEB広告等、利用者の意思に反して提供を受けたものでも要件を満たすものとする。)

告発後、サイト利用者に対し一定の免責事項[後述の要件に該当する利用者保護の観点から考慮に値する登録・利用]が確認できなかった場合、各刑事機構の事情聴取の出頭要請、家宅捜査を受け、被害者救済にあたり組織された弁護団により、損害賠償請求に移行致します。

–利用者保護が認められる免責事項–
・誤った閲覧、登録等、不本意な利用
・不正アクセス、ハッキング等により自己の電波を不正に利用されていた場合
・提携サイト等の一つに違法サイトがあり、同時登録されていた場合
・メールマガジン等の広告受信により、気が付かず違法わいせつ物を所有回線に記録されていた場合
・上記いずれかの項目に該当し、本状受信後48時間以内に迅速に問題解決の対応を取った場合

上記に該当する場合は、利用者本人からの申し出があった場合に限り訴訟の取り下げおよび、専門家による法律違反に該当するWEBサイト、アプリ、広告等の登録情報の削除を行います。

代理人である当窓口での和解手続きにより、被害者および関連機関からの民事上、刑事上、行政上の各申し立てを完全に取り下げ、下記禁止法、刑法違反に対する免責事項を成立するものとする。

–和解申請手順–
接続情報の正常な認識な為、必ず利用中アドレス、端末から本状に【和解手続き依頼】と送信下さい。
※和解手続きの申請期限※
本通知による使用者への通知後、翌日から24時間以内。

■未成年ポルノ禁止法第7条
未成年者および未成年者と断定できる類似ポルノを提供した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。
電気通信回路[PC、携帯電話、タブレット等]を通じて児童の姿勢を資格により認識する事が出来る方法により描写した情報を記録した電磁的記録その他の記録を提供した者も同様とする。
違法ポルノ[わいせつ物]を製造し、所持し、運搬し、本邦に輸入し、又は本邦から輸出した者も、同様とする
違法ポルノを不特定若しくは多数のものに提供し、又は公然と陳列した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

及び

■刑法175条
わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする(第2項)。

以上、告発および損害賠償、ならびに各種罰金を回避したい場合は、速やかに和解手続きの対応を行って下さい。

性犯罪被害者等の社会的弱者の保護の為、当団体では違反者ならびに摘発者の情報の開示、告発状、訴状の関係先への送付、マスメディア等への告知、報道要請、今後同様の案件での集団訴訟が認められた場合の損害賠償請求等、該当者に対し、あらゆる手段での制裁措置を積極的に講じます。

その一方で、免責事項を満たす利用者に対しては利用者保護の観点から各種救済対応を行い、和解手続き申請時の情報については守秘義務を遵守した上で双方が円満に問題解決できるよう最大限の配慮を致します。
近年、老若男女問わず、ネット端末の普及により気が付かないうちに被害者、加害者となっている事例も数多くある為、貴殿が良識ある解決者である場合は必ず当窓口にご連絡下さい。

いろいろ突っ込みどころがありますが、毎度の事ながら送信者のメールアドレスが怪しすぎます。
まぁ、返信送って貰いたいから実際に受信できるメールアドレスが必要なんだろうけど、もう少しマシなドメイン名を取ってやろうとか考えないんだろうか。

それと、和解すれば刑事責任が免責されるなんて事が書かれているけど、そんな事を決めるのは検察の仕事なので非営利法人ごときが口出し出来るものじゃ無いので嘘っぱち。

こんな程度の低いメールに騙されないよう気を付けましょう。

スマートキー



車を買い替えたら新しいスマートキーが前の車のスマートキーより大きく、以前使っていたスマートキーケースが使えなくなってしまったので新調しました。
最初はカー用品店等でいいのがないか探してたけど、スマートキーの形が新しいタイプのようで対応しているケースが少なく気に入ったのが見つからず、ネットで探したら良いのを見つけました。

スマートキーを入れるとこんな感じ。

オーダーメイドにも対応していて、革の色とステッチの色、それと金具の色が選べます。
私が注文したのは、革の色が「ワイン」ステッチの色は「赤」金具はアンティーク」。
なかなか大人な感じでいいんじゃないでしょうか。

 

まだまだ届く怪しいメール



またまた怪しいメールが届きました。

今回はこれまでのものと内容が異なります。

件名:有料視聴分の未納料金をお支払い下さい。
送信者:"Fc2.service." <info@215i9fp69608.space>
 
電子申告発効日:2017年11月7日
 
貴殿(当該利用会員)はfc2マーケットが管理管轄するWEBページにて、動画、音楽等の無料視聴の為にアカウントを作成し、その際に【xxxxx@xxxxx.xxxxx】をご自身で入力後、規約に同意をされ動画を視聴されました。
5分の無料視聴完了後、表示された有料動画に移行する案内に対し了承し、有料コンテンツを継続的に閲覧されております。
 
有料コンテンツ利用を終了する際は、必ずログアウトをして頂く必要があり、1分視聴した場合でも閲覧終了後にログアウトされない場合は、1分100円の料金が発生し、閲覧後から3日間未払いが続いた場合、強制的にアカウント停止処分となります。
現在ですが、アカウント停止処分の状態になっており、3日間分の未払いが発生してる状態になってます。
未納金と遅延損害金を含む合計ご請求額【513,600円】を支払期限内に速やかにお支払い下さい。
ご対応なき場合、然るべき機関において、法的手段を取らさせて頂きます。
 
◆現在アカウント停止中◆
ID:【1052931】
未納金:【492,800円】
遅延損害金:【20,800円】年利5%
合計ご請求額:【513,600円】
支払期限:本通知閲覧後24時間以内
 
全額未納金の支払いを希望する場合、【未納金支払い希望】と本通知に記載し、ご連絡下さい。
 
 
=登録に見覚えがない場合=
 
fc2(WEBコンテンツマーケット)に登録をしてない、登録した記憶がない、有料チャンネル(音楽、動画)の視聴の記憶がない、その他間違いである場合、当カスタマーセンターにご連絡を頂きましたら、登録情報の確認並びに本人確認を行うことが可能となっております。
申請された登録情報が一致し、本人確認が完了した場合のみ、【アカウント削除】を行うことができ、fc2を保有する運営元が現在発生してる遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債権放棄をします。
 
債権放棄履行後、遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債務は消滅し、データベースに保存されてる登録されてる一切の個人情報を抹消し、登録されましたアカウントのご利用はできませんので、注意下さい。
 
=債権放棄を希望する場合=
 
現在発生してる遅延損害金を含む未納金【513,600円】の債務消滅、個人情報抹消を希望される場合、回答期限である本通知閲覧後24時間以内に【アカウント削除申請】と本通知に記載し、折り返しカスタマーセンターまでご連絡下さい。
【アカウント削除申請】の確認が取れましたら、カスタマーセンターより登録情報照合等のご連絡を致しますので、速やかに照合等を行って下さい。
 
尚、カスタマーセンターに【アカウント削除申請】のご連絡を行ったにもかかわらず、折り返しカスタマーセンターから登録情報の照合等の案内が届かなかった場合は、再度【アカウント削除申請】と本通知に記載しご連絡下さい。
 
 
※重要事項記載※
遅延損害金を含む未納金の支払い、債権放棄を希望等、何も対応をされない場合、然るべき機関において、民事・刑事等の法的手段に移行させて頂き対応を致しますので、ご注意下さい。
 
 
■会社概要■
 
・会社名
株式会社fc2サービス
FC2,inc
・本社所在地
101 Convention Center Dr.Suite 700 LasVegas,NV 89109
・設立
1999年7月20日
・代表取締役CEO
高橋理洋
・業務内容
ドメイン名販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発。
無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル事業
・コンテンツ利用者データ
全会員数:約1220万人
総閲覧数:約100億PV/月
男女比:男性 51%/女性 49%
 
・お問い合わせ先
24時間メールにて対応
本状にご返信下さい。
 
【反社会的勢力排除宣言】
株式会社fc2は、反社会的経済活動により利益を追求する集団又は個人、(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止し、組織的に反社会的勢力を排除するため、次の基本方針を宣言します。
第1条 利益供与の禁止
 
反社会的な活動を行う個人、団体に対して、利益を供与しない。これらの個人、 団体との交際は断じて行わず、また、金品の提供、書籍、情報誌などの購入、その他、利益の供与となるような行為を行わない。
第2条 反社会的行為への加担の禁止
 
反社会的行為に、決して加担しない。暴力的活動、組織的破壊活動など反社会的活動を行う団体や、人権侵害行為、非人道的行為を行う組織などに対して、理由の如何を問わず、一切の取引、融資、援助、同調その他の加担行為をしない。

さて、今回も楽しい文章に突っ込みを入れていきましょう。

今回同じメールが2回届きました。
一回目は11月1日で2回目が11月7日です。
文章は全く同じで、停止中のアカウントIDとか言うのも同じ番号が書いてありましたが、送信者のメールアドレスが異なっていました。
一回目は『info@envghncqez4w.space』で二回目が『info@215i9fp69608.space』とドメイン名が異なっています。
同じメールを送ってきているのにドメイン名が違うって辻褄がありませんよね。

今回の文章がこれまでの怪しげなメールと決定的に違うのが、FC2への登録なんて知らないよと返信したら債権放棄してくれて支払いを免除してくれるという内容です。
『てめ~四の五の言わずに払えや~』と言うのとは異なます。
それに支払期限が「本通知閲覧後24時間以内」って、閲覧せずにメールBOXに放置したり削除していたら支払期限が永遠に来ないと言う事ですよね。

ただ金を巻き上げようというメールとは違い、なんだか優しそうに見えますが騙されてはいけません。
相手はメールアドレスの有効性の確認や個人情報の取得が目的でしょうから、返信してくれるのを手ぐすね引いて待っています。
なので連絡してくれたら債権放棄しちゃうよという餌を撒いてるんでしょうね。

で、未納金の492,800円。
1分100円の料金で3日間分が未納と文章に書いてありますが、
3日×24時間×60分=4,320分
となり、432,000円しか発生しないはずですが増えてます・・・
消費税が発生したとしても辻褄が合いませんが、そもそもFC2はアメリカの会社なので日本の消費税は関係無いはず。
計算が合いませんがどういう事でしょう。

あと、いつもの如く会社名が正しくありません。
FC2の正式な会社名は『FC2, Inc.』ですが、『株式会社fc2サービス / FC2,inc』と書いてます。
日本の会社ではないので「株式会社」って名称は変な話です。
組織の種類の翻訳と言う意味では「株式会社」でもいいですが、請求などで会社名を書く際に会社名を日本語に訳すような事はしません。

代表取締役CEOとして『高橋理洋』と書かれていますが、現在の代表者は『DIANNA R TEMPLE』と対外的にはなっています。
それに高橋理洋氏はFC2の創業者で実質的な支配権を持つ人物とされていますが、一連の違法動画に対する捜査以降FC2関連では表だって名前は出していないはずなので間違いです。

業務内容の所にも変な表記があります。
1行目の『ドメイン名販売・ウェブホスティング・アプリケーション開発。』はFC2の会社概要にも書かれている内容ですが、2行目の『無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル事業』と言うのはFC2とは関係なさそうです。
実はこれメール本文作成時のミスではないかと思われます。
と言うのも、ネットでこの文章を検索するとほぼ同じ内容で会社名が『株式会社DMMサービス』となったメールも存在する事が判ります。
因みに動画配信やゲーム等のサービスをしているDMMの正式な会社名は『株式会社DMM.com』で、こちらのメールも会社名が間違っていたり社長名が間違っていたりと突っ込みどころ満載なようです。
で、DMMの業務内容を書いたのだとすると『無店舗型デジタルコンテンツ配信、DVD販売、DVDレンタル事業』は合致します。
DMM版のメールの方が古いようなのでFC2版に書き換える際に消し忘れてるのかもしれません。何ともお粗末です。

そして最後の突っ込みは文末に書かれている『【反社会的勢力排除宣言】』とやら。
なぜここに反社会的勢力排除宣言が書かれているのでしょう?
不思議で仕方ありません。
普通ならここに『プライバシーポリシー』とか書くんだと思うんですが、何のために反社会的勢力排除宣言を載せたのか理解できません。
それに、先に書いてあった会社概要では会社名を『株式会社fc2サービス』と名乗っているのに、反社会的勢力排除宣言の中では『株式会社fc2』になっていて一貫性が無い辺りがとっても残念な感じです。

今回もお粗末な内容でしたが、連絡したら債権放棄しちゃうよと言う内容は思わず返信しちゃう人が出るかもしれない巧妙なものと言えるかもしれません。
皆さん騙されないように注意しましょう。

次のページ →