Lチカ


今、IT業界のホットな話題はIoT(Internet of Things)と言ってもいいでしょう。
いろんなモノがインターネットに繋がって勝手に通信をして情報交換を行う、なんだか凄い世界です。

一応ITエンジニアの端くれとして分かった振りをするためにも、とりあえずの知識だけは身に付けておく必要があるので、Arduinoとかいうマイコンで遊んでみる事にした。

購入したのはOSOYOOとか言う所が出している『Arduinoをはじめよう 互換キット UNO R3対応互換ボード 初心者専用実験キット 基本部品セット20 in 1』です。
Arduinoキット

Arduino UNO R3互換ボードの他、LEDやLCD表示器、各種センサーなどいろいろセットになっていて、とりあえず本などに書かれているサンプルが一通り試せるようになっている。

注文したキットが届いたので動作確認も兼ね、プログラミングの世界で初めてやる『Hello World』を表示してみるみたいなノリの、Arduinoで初めて作る定番のLチカ(LEDをチカチカ光らせる)をやってみた。
Lチカ
何事も無く無事動作したので動作確認終了。

ただLチカだけやっても意味が無いし、何か目標が無いとすぐに飽きてしまうので、とりあえずラリーコンピュータをArduinoで作ってみる事を最終目標に遊んでみる事にする。

ラリーコンピュータは、アベレージラリーと呼ばれる類の競技で、ナビゲーターが時間と距離と指示速度を元にややこしい計算をするのを助けてくれる賢いヤツですですが、今や新品を手に入れる事がほぼ不可能な絶滅種となってます。
なので、そんなモノを作れたら面白いかなと言う事で、暇を見つけながら進めていこう。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。