アマゾンを騙った詐欺メール


最近やたらとアマゾンを騙った詐欺メールが届きます。
私はプライム会員じゃ無いのでプライムの更新がどうとか言われても騙されません。
で、いろいろ来る詐欺メールの一つがこちら

過去の色々な詐欺メール同様突っ込み所がいくつもあります。
まず会社名。「Amazon株式会社」を名乗っていますが通販大手として有名なアマゾンは「アマゾンジャパン合同会社」が正しい名称です。
メールの下の方に「Amazon Inc.」の表記もありますが「Amazon Services LLC」が米国の運営会社で、親会社は「Amazon.com, Inc.」が正式名称ですからメールに書かれている会社名は間違っています。
こんなのアマゾンのサイトを見ればすぐに判る事なのに何故適当な表記しかしないんでしょうね。
これは詐欺メールですって自ら主張しているようなモノです。
見た目やもっともらしい表記に腐心するくらいなら、会社名の表示にも気を使った方がいいと思うんだけど、なぜかこの手の詐欺メールを送ってくる輩は肝心要の部分をおざなりにしている。

そしてアクセス情報の場所が「山形縣」となっている。
この「縣」の字は現在日本では使わないので、まぁ多分中国人が書いたんだろうなと想像がつくし、そもそもこの漢字を日本語変換で出すのが大変なので日本人が絡んでいたら選ばないでしょう。

もう少し頑張ればぱっと見で真贋の判断がつきにくくなるんだけど、詐欺メールを送りつける輩にはあまり賢いヤツがいないんだろうな。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。