命名「Jmail」


Gmailもどきを作っているという話を載せてから、周りの人から状況を色々聞かれます。
みんな良く読んでますね~ (^^;

さて着々と開発を進めているGmailもどきですが名前を付けてあげないと可哀想ということで、悩んだ結果これまで持っていたjra.netドメインにちなんでjra.netのWebメールと言うことで「Jmail」と命名。
ついでだから専用ドメインを取っちゃえ~って事で調べた結果 jmail は空きが無かったので断念。
更に調べた所 j-mail には空いているTLDが有り、年額4千円弱だったので取得!!
専用ドメインで開発&テストをすることになりました。

で、肝心の開発の方の進捗はというと、とりあえず添付が付いたメールの本文が見られるようになり、HTMLメールも一応表示ができるようになりました。
但し、画像付きのHTMLメールは画像が出ない (T_T)
添付とHTMLが混在していると表示がエラーになる (T_T)
添付ファイルのダウンロードが出来ない (T_T)

アカウント管理機能も一部出来て、アカウントの追加が出来るようになった。
但し、要らなくなったアカウントを削除する機能はまだ無い (T_T)

大きく進んだのはメールの処理機能。
メールのソースを解析する機能を class としてまとめたので、受信時の処理や表示する時の本文抽出が簡単になって全体としてソースがシンプルになり、データベースに格納する情報が少なくて済むようになってきた。

後はメールの送信が出来るようになればかなり使い物になるのだが、これが大きな課題だな。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。