怪しいメール その2


前回に引き続き詐欺メールネタで

今回の内容は

件名:※電子内容証明(e内容証明)による債権移行通知
送信者:合同民訴管理局[JPN branch office.] <info@s10j4od8njik.site>
 
配達記録:1052931
(訴訟開始通知) Web Service利用料未納超過における差押通告
 
(通知人・WEB Payments顧問弁護団)
-本状は、Google株式会社を主導とする複数社による合同民事訴訟案件となります-
 
※申立ての趣旨
債権者が債務者に対して有する債権の執行を保全するため、債権額に満つるまで債務者所有の全財産(今後支払われる給与含む)を仮に差し押さえる。
 
本通知受信後、24時間以上対応を放置した場合、未納料金(798,500円)全額分差押処分と致します故、ご了承下さい。
尚、本案内に沿って電子取引契約上にて定められる【合意特約解除】を行なって頂ければ、未納料金の支払いを免除する事が可能ですので、ご安心下さいませ。
 
現在貴殿[xxxx@xxxxxx.xxx]においては、WEB上のコンテンツ提供Serviceに登録をされ、2週間の無料期間中に正規の解約処理を行わなかったために、サイト継続の利用意思があるとみなされ、月額の情報サイトの利用料金、並びにサポート費用等が発生し、現時点で未払いの状態になっており、滞納金として【798,500円】の支払義務が課せられております。
 
この度Service管理元から、貴殿が本状にて速やかに解約の処理を行った場合は、現在発生してる滞納金を全額免除にし、訴訟等を取り下げると言うことで依頼を承っております。
こちらの和解案[合意特約解除]について下記手順にそってご対応をお願い致します。
 
 
↓申請の手続き方法↓
継続利用の意思が無く未納分の支払い免除措置を希望する場合は、本状を閲覧後、本メールに「合意解除申請」と記入の上そのままご返信下さい。
 
申請受付後、貴殿の本人確認を行い、貴殿より電子上の署名を頂いた上で、合意契約により請求元との和解および円満解約が実行されます。
 
※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。
 
 
●よくあるご質問●
Q. どうして自分のメールアドレスを知っているのか?
A. 貴殿が利用する通信事業者に情報開示要求を行って取得しています。
 
Q. 他にも自分の個人情報を知っているのか?
A. 今後、貴殿が何らかの 異議申し立てを行わない場合、 身元調査により取得した情報を 保有することになります。身元調査により得られた貴殿に関する情報は、 インターネット上に誰でも見れる状態にした上で、 損害賠償請求権実行などの法的手続きをとります。
 
Q. 未納分は支払いをしないといけないのか?
A. 支払い能力がある場合は そのまま手続きに進んで頂く形が最も簡潔かつ確実な方法となります。
ですが事情により対応が難しい場合、 和解の意思を本状から示して頂ければ穏便に解決ができます。
本通知はその為の通知であり、 貴殿の意思の表明は当方にて対応致します。
 
Q. いつまでに意思を表明すれば良いのか?
A. 本メール受信後、 24時間以内に必ず連絡を行ってください。
 
Q. 知らない、身に覚えがないのだが?
A. サービス管理元から引き受けた案件を調査した上で通知しています。
既に貴殿には催告通知を過去数回行っておりますが何らの意思確認が取れておらず、また信用情報機関へ登録がある為、 身に覚えがない等と無視を続けられた場合、 貴殿の財産に不利益が発生します。
嘘をついたり、しらを切ったりした場合、より悪質な利用者だと判断され損害賠償が上乗せされる場合もあります。
 
Q. このまま無視するとどうなるのか?
A. 連絡がない場合は、世帯主、 勤務先、親族、知人の順に調査をかけ請求を行います。
貴殿が逃亡する可能性のある実家、 勤務先、友人知人宅等に優先的に 書面通達を実施し、貴殿の代わりに取り立てを行います。

今回の文章も突っ込みどころ多数の楽しい文章なので順に見ていきましょう。

まず「電子内容証明(e内容証明)」とタイトルに書いてあります。
日本郵便のサービスとして「e内容証明(電子内容証明サービス)」というサービスが確かに存在しますが、日本郵便のサービスは電子メールで内容証明を送る訳では無く、Webサイトで内容証明の原稿を受け付けて、その文章を郵便局で印刷した上で紙の内容証明郵便として送ってくれるサービスで、決して電子メールで内容証明が送られてくる物ではありません。
それに、電子メールは電子署名をしない限り送信後の伝送路で内容が改竄されても確認できませんので、内容証明と言うからにはせめて電子署名してくれないと信用できませんが、このメールには電子署名が有りませんので第三者が改竄していたとしても判らないと言う事になってしまいます。

今回はGoogleの名前を騙っていますが「Google株式会社」となっています。
米国本社は「Google Inc.」日本法人は「グーグル株式会社」が正式名称のようですので、弁護団が発信したと言ってるわりには会社名が正しくないというのはお粗末です。
それとも検索で有名なGoogleとは異なる「Google株式会社」が訴訟を起こしたと言いたかったのでしょうか?
謎です。

次は「債権額に満つるまで債務者所有の全財産(今後支払われる給与含む)」って事ですが、生活に必要な財産は差し押さえ対象にできませんので、全財産の差し押さえは無理です。

Q&Aには「身元調査により得られた貴殿に関する情報は、 インターネット上に誰でも見れる状態にした上で」なんて事を書いていますが個人情報保護法違反になるので、こちらが損害賠償請求できるようになり請求されている額以上に賠償金が貰えそうで嬉しい限りです。
更に「連絡がない場合は、世帯主、 勤務先、親族、知人の順に調査をかけ請求を行います。貴殿が逃亡する可能性のある実家、 勤務先、友人知人宅等に優先的に 書面通達を実施し、貴殿の代わりに取り立てを行います。」なんて脅し文句を書いていますが、連帯保証人でも無い限り本人以外に債務の支払いを求めるのは違法行為なので弁護団が書いた文章には到底見えませんね。

いやはや何とも、今回もお粗末な内容ばかりでこんなので騙せると思ってるのか不思議で仕方ありません。

そうそう、今回も送信者の所には「合同民訴管理局」とか書いてるけどメール本文では一切名乗ってないし、連絡先とか何も書いてないのってビジネス文章としてダメダメな感じです。
ドメイン名も怪しい物を使っているのも前回と同じで怪しさしか漂ってきません。

次はどんな文面で来るのか楽しみですね。

怪しいメール


久々に詐欺メールが来た

内容は

件名:電磁記録追跡による債権回収委託手続きの通知
送信者:[CKS]通信契約紛争仲裁機構 <info@jwystcjahkxp3k.link>
 
※本通知は『法的証拠能力のある電子署名付き証明書』、『電磁的記録又は文書に準ずる物件』であり、民事訴訟法第231条にて「準文書」に相当し、「文書と同等に扱うもの」になり、民事・刑事の訴訟では「証拠能力を有するもの」となります。
 
当職らは貴殿の登録情報のある情報サイトにおいて利用料金の未納が続いた為、提携信用情報機関により回収の任を承りました。
 
《xxxx@xxxxxx.xxxへの通知理由》
登録状態にあったWEBコンテンツにおいて利用意思が無くなった際に「自身のアドレスを記載して解約希望」と申請せずに放置した事による料金
 
貴殿(本メールアドレス所有者)はWEBContents(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サイト)ご登録後、無料期間終了後に正式な解約処理を行わないまま放置をされ
現在、利用料金を滞納している状態となっております。
 
電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。
2017年7月5日現在
未納金総額
(【798.500円】 )
※個人情報に配慮し一部非表示※
※遅延金等を含む
 
つきましては、未納分及び延滞損害金をお支払頂く様本状にて勧告とし、貴殿に穏便に問題解決する意思がある場合は、当方にて合意解約(和解契約)の手続きを行えるよう手配致しましたのでご確認ください。
 
■合意登録解除とは■
本通知確認後、速やかに本状より登録の解除の申請を行った場合は、利用者の意思を尊重し、発生している未納金および損害金の支払いが免除され、登録情報の削除が行えます。
当方での代行手続きにより該当コンテンツの解約処理完了時に本状および貴殿の個人情報は削除され、当該請求が停止および免除となります。
完了時、希望する場合にはデータ消去証明書等を発行します。
合意解約によりコンテンツ管理元との債権債務が解消され、貴殿との和解が成立します。
 
↓申請の手続き方法↓
継続利用の意思が無く未納分の支払い免除措置を希望する場合は、本状を閲覧後、本メールに「合意登録解除」と記入の上そのままご返信下さい。
 
※必ず本状が受信されたアドレスからご返信下さい。
その他のアドレスからではご本人確認が取れず申請が無効となります。
 
尚、このまま和解手続き、および支払い意思の連絡、いずれかのご返答が確認できなかった場合は債権回収三次団体への委託処分となります。
債権回収三次団体は国からの認可を受け、合法的な強制処分を執行できる機関となります。
 
1.ご口座及び給与の差押え
2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分
3.自宅への訪問及びご自宅のポスト及びドア等への督促状の貼り付け
4.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求
を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。
このような事態にならないよう貴殿の速やかな対応をお願い致します。
 
※ご自宅訪問の際は財産物の強制没収と売却が行われます。
(テレビやパソコン、携帯電話など生活必需品以外の全ての財産物を強制売却致します)
 
上記のように、手続きを拒否した場合認可団体へ債権が委託され日常生活に支障をきたし、更に親族や知人にまで多大な迷惑がかかる事となります。
貴殿の速やかな対応が予期せぬトラブルを防ぎ、これ以上の請求の発生を防ぐ唯一の手段となりますのでご対応の程、お願い申し上げます。
 
以上

検索すると同じ文面のメールに関する情報が沢山出てくるので、よく出回ってる物のようですね。
文章を読むとイロイロ突っ込みどころがありますねぇ。
まず「本通知は『法的証拠能力のある電子署名付き証明書』」って書いてあるのにメールは電子署名されてません。
どうせならちゃんと署名を付けてくれば、それっぽいのに。
まぁ詐欺集団が電子署名を付けた所で、メールソフトが署名の検証したら不正な物だってバレちゃうから無駄だろうけど。
あと「電子署名付き証明書」って、この文章自体は証明書じゃないよね~、何が言いたいんだろう。

次は「提携信用情報機関により回収の任を承りました」って、信用情報機関は信用情報の管理をするだけで債権を扱う事は無いので「債権者から回収の・・・」とかの方が本当っぽい気がしますね。

「WEBContents」これだけ英語でそれっぽく書いてるけど、ウェブコンテンツってウェッブサイトの情報全部が該当するから何のサービスの事か分かんないよね~。
こんなので騙せると思ってるのかなぁ。

そうそう、送信者の所には「通信契約紛争仲裁機構」とか書いてるけどメール本文では一切名乗ってないし、連絡先とか何も書いてないのってビジネス文章としてダメだよね。
だいたい「jwystcjahkxp3k.link」なんて変なドメイン名使って、もう少しそれっぽい名前のドメイン取るとか工夫しないと怪しさしか漂ってこない。

なんかお粗末なメールですね。

お隣さん


昨年の秋頃、気付かぬうちにお隣さんが引っ越して行ったらしい。
12月から1月にかけてリフォーム工事が行われ、最近販売が始まったようでマンションの前には内覧の看板が置かれている。

いくら位で売られているのか気になったので、Yahoo! JAPANの不動産情報で検索してみると『3,390万円』と出ていた。
手元に残っていた新築販売時の資料を見ると新築での販売価格は『2,610万円』なので、新築から15年経ったけど値段が上がっている!!

ウチって結構いい値段で売れる可能性があるんだぁ~

三菱東京UFJ銀行 その4


久々に来ました『三菱東京UFJ銀行』を騙るフィッシングメール!
過去のモノはこちら
その1
その2
その3

今回のモノも怪しさ満点です。
MUFG Part4
先ず以て、メールの宛先アドレスは私ではありません。どうやら私はBCCに入っているようです。
他人宛に送られた本人認証ってどうなんでしょう。

そして、メール本文の冒頭が「こんにちは!」。
その3でも書いてますが、おおよそ日本を代表する大手金融機関が顧客向けに書いた文章には見えません。
更に『お客様はアカウントが凍結?』って文章。
『?』って何ですか。こっちに聞かれても凍結かどうかなんて判りませんよ??
『アカウントをご認証ください』も『ご』の使い方が変だし。
まだまだ、騙せるレベルの日本語には成ってませんね~。

ただ、今回一つ進歩している点がありました。
いつもの如くHTMLメールで来ているのですが、今回は画像を1枚貼り付けただけのお粗末なモノでは無く、ちゃんとHTMLで文章が書かれていました。
なんという進歩でしょう (^o^)
でも、そのHTMLには不可解な記述がありました。
随所に
<SPAN style="LEFT: -7720px; POSITION: absolute; TOP: -7856px;">kTcVVivVoWe ・・・・ </SPAN>と言った不可解な文字列が織り込まれているのです。
これが画像とかだと開封確認のためのビーコンと言った事も考えられるんですが、タダの文字列です。
JavaScriptが埋め込まれていて、この文字列を使って何か処理している様子もありません。
何の意味があるのかサッパリ分かりません...

謎だけを残し怪しいメールはごみ箱へと消えていきました。

メガネ


初めて度の入ったメガネを買いました。
メガネ

30歳過ぎまでは視力は両眼共裸眼で 1.5 あって、特に不自由を感じたことはありませんでした。
しかし、ここ何年かは会社の健康診断で視力の低下が見られ、遠くの看板などの文字が読み辛く感じるようになってきて、特に車を運転している時に少し離れた所にある案内板の文字が読めなく感じる事が多くなってきたので、眼科へ行って視力を測定してメガネの処方箋を作ってもらいました。
処方箋の度数を見ると若干の遠視に斜乱視なんだそうです。

そして、今日注文していたメガネが出来上がったので受け取ってきました。

普段、裸眼で見ていても遠くが見にくいと感じる事はあっても、特に問題無くキッチリ見えているつもりでした。
しかし、メガネをかけてみるとよりハッキリと見えます。こんなに違うとは思いませんでした。
1ヶ月ほど使って見て度が合っているか確認して欲しいと言う事なので、しばらくメガネを常用してみようと思います。

次のページ →